--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-03

Restaurant K.u.K.

ネット復活しました!

今日は、菜食で粗食の私が(笑)珍しく赤坂にある「Restaurant K.u.K.」へ
オーストリア料理を食べに行ってきました。

日本人初のオーストリア国家公認料理マイスターのお味は
普段食べているオーストリアの一般家庭に出てくる料理を
数倍も上品に仕立てたお味でした。
でも、懐かしさも感じつつ楽しいひとときを過ごしました。

さて、昨日のチベットのコンサートについて。

チベットの伝統文化は、継承する人々がいないため
音楽は、あと10年で完全に無くなってしまうと言われているほど
危機を迎えているそうです。

中国からの弾圧のことについては、何年も前に
かなり調べて、ものすごくショックを受けたことを覚えてます。

でも、その頃には、海外の旅行者が
チベットに入るようになったりと、その現状が
世界に発信されるようになり、変わってきたと思っていたのですが
まだまだ、そうではないですよね。

コンサートの中で、詩人 梅野泉さんが
ダライラマの言葉を詩の中に入れていました。

「戦うべきものは、私たちを苦しめるものたちではなく
自分の中にある怒りや憎しみである」

今回のミュージシャンのテチュンさんも
「非暴力で自由のために戦う」と言っていました。

領土を奪い合うための戦争の繰り返し。

そして、その前日には
ある資源の権利をとるあるファンドについての
説明会に人数あわせのために連れて行かれました。

それぞれの持つ国の資源を、その国ではない
他国が資源の権利争いをする。

そして、どんどんその国の人は苦しめられる。

資源の権利を奪ってしまわなければ
資源も手に入れられないような、世の中にした人々。

本当に、とんでもない世の中です。

コンサートを聴いているときに、ふと地図が頭に浮かびました。
国境の書いてある地図ではありません。
それぞれの土地にある文化、伝統、芸術を書き記した地図です。

本当に根本的におかしな世界。
ある人が、世界が壊れてリセットされればいい。
って話してる人がいました。

きっと私にも出来ることがあります。
心に思っていること、少しずつ実行していこうと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

mahno

Author:mahno
職業:ピアニスト

  • 愛知とし子公式サイト

  • NPO法人サンライズ福祉機構
    飯山劇団所属


  •  チベタリアン、ベジタリアン
     コーヒー好き 猫好き

    最近の記事
    最近のコメント
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    最近のトラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。