--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-27

世にも豪華な菜食ビュッフェ

2709081.jpg

2709082.jpg

今日は、環境セミナーと菜食ビュッフェパーティーに参加してきました!

講師であった、上村雄彦先生の環境について
特に、温暖化のお話など、とてもわかりやすくて
かなりショッキングな内容をありのまま伝えてくださり
自分たちで出来ることは何か?と意識を持たせてくださいました。

まずは、現状を知ると言うことで、かなりの情報を提供してくださいました。
本当に沢山の方々に現実と直視してほしいと思いました。

その後の、菜食ビュッフェは本当に豪華で、全部制覇するのは不可能でした!(笑)
上の写真は、1部です。本当に、触感や味だけで皆食べているだけで
本当は、お肉じゃなくても大丈夫なんだ!って本当に実感できます。

菜食は、体にも優しいし、精神も穏やかになります。

もちろん、菜食は環境、温暖化の改善にものすごく効果があります。
環境を破壊してまで、お金がある人たちがお肉を食べ続ける。
貧困、飢餓で3秒に1人の子供たちが死んでいる現状を知りながらも、
食べている先進国の人々。

お肉1キロにつき、どれくらいの穀物と水が必要かご存知ですか?

たとえば、牛肉1キロ。
飼料として11キロの穀物、これは18人分の食事の量になります。
水は、何と20,000リットル!(お風呂は大体200リットルなので、100回分です)

それから、糞尿などで出るCO2の量やエタノールの量も膨大です。

CO2の削減はどれくらい出来るか?

・シャワーを1分節約する・・・・・約20Kg
・TV1時間見るのをやめる・・・・約13Kg
・エコバック・・・・・・・・・・・・・・・・約20Kg

・セミベジタリアン・・・・・200Kg
・肉を半減 ・・・・・・・・・250Kg
・ベジタリアン ・・・・・・・500Kg

一人一人意識をするだけで、かなりの温暖化は食い止められます。
食糧不足も減っていきます。

もちろん、体への良い影響も色々皆さんにお伝えしたいのですが
現状や事実などだけでも、知ってほしいと本当にいつも思っています。

自宅で、菜食料理教室をやっているのも
本当に色々な意味があって開催しています。

日本も、自給自足をしないといけない時がきますよ。
自国民を守るために、食料の輸出に規制を掛けている国々が増えてます。
実際に、輸出を禁止している国もいます。
全ての国々が輸出をしなくなったら、日本はどうなるでしょうか?
食料自給率が26%しかない日本はないんです。

そして、野菜は本当に美味しいです。
野菜の美味しさを知らないのは、本当にもったいないことです。

豊富な種類と十分な量の野菜を摂取すれば、人間は健康でいられるんです。
もっと、素材の味を楽しめる、もともとの味覚も、人々に取り戻してほしいと思います。

まとまりのない文章です
菜食も本当に大切なことをもっと皆さんに知っていただきたいと思いました。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

私もその通りだと思います。
何よりも一人一人の意識が大切ですね。
まーのさんのブログでまた色々と考えさせられました。
ありがとうございます!!

そうです!

私は、そんなに世の中のことをわかってるわけでもないですし、頭も良くないので
自分が出来ることをしよう。と思っています。

人はそれぞれ能力の差もありますし
出来ることの限界があります。

それぞれが、出来ることをすれば良いと思っています!
プロフィール

mahno

Author:mahno
職業:ピアニスト

  • 愛知とし子公式サイト

  • NPO法人サンライズ福祉機構
    飯山劇団所属


  •  チベタリアン、ベジタリアン
     コーヒー好き 猫好き

    最近の記事
    最近のコメント
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    最近のトラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。