--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-18

みやらび太鼓

友人が出演する「みやらび太鼓」の鑑賞に
草月ホールへ行ってまいりました

みやらび太鼓とは?→ → →HPはこちら

川田公子太鼓の世界「鼓夢」

第1部「光りの霞 ~折口信夫「死者の書」より~」
第2部「たいこ・タイコ・太鼓」


1部は私にはまだまだ受け入れ態勢が出来てなかった。
死者の魂と向き合う」と言うテーマに
ただただ傍観するのみだった。
2部はリズムや迫力、パフォーマンスとしても楽しめました。

日本のお祭りのときの太鼓もそこから沸き起こるような
なんとも言えないエネルギーを感じてすごいーー!

と、思うのですが

今回の太鼓は、また独特のリズム女性だけで創り出す音
なんとも言えず軽やかだったり明るさを持っていたり
とても豊かな表情を見せるもので
これはこれで、素晴らしかったです☆

私も太鼓を習ったら、もう少しリズム感を強制できるかなー。
(って内緒ですが、高校の時の副科では「打楽器」を選択してました!!)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

ありがとうございました

先日は太鼓見に来て頂いてありがとうございましたv-238
第一部はやはりとっつきにくい内容だったと思います。師匠のやりたいと思う世界なので独特の世界観があると思います。
第二部は一般受けする、楽しいアンサンブルだったと思います。
質問の答をここで、うちの太鼓には楽譜はありません。
振り付けとともに口渡しです。
リズムを聴いただけでは楽譜におこせない私はいつも【ととんがとん】とかそのまま音を書いて覚えています。でもこのグループは正しく動かないとニュアンスを出すことができないので、とっても難しいです。
だけどやめられません。
また是非見に来て下さいませ。
ほんとにありがとうございました。

次回も行きますよ!

わっちさんの師匠が表現する世界観は、とんでもなく素晴らしいと思います。それに、体、魂で感じることが出来なかったことがとても自分では、残念に思っています。

2回目は、こういう方だったのか!と言うこともわかったので
準備して臨めそうです!

わっちの姿もカッコ良かったよー!
次回も楽しみにしてます☆
プロフィール

mahno

Author:mahno
職業:ピアニスト

  • 愛知とし子公式サイト

  • NPO法人サンライズ福祉機構
    飯山劇団所属


  •  チベタリアン、ベジタリアン
     コーヒー好き 猫好き

    最近の記事
    最近のコメント
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    最近のトラックバック
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSリンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。